掲示板

小田さくら、影のソロ枠説

30件のtopicsを表示しています(全15ページ)
« (最初のページ) 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ (最後のページ) »
投稿者 投稿内容

フクちゃんは自費でボイトレを(自宅で)してるという話もあるし、
えりりんが急激に歌が伸びて歌唱メン入りしたのだって、
自費でボイトレをつけてレッスンしたからだそうです。
プラチナ期はメンバーも暇でしょうがなかったという時代なのにw
自費って…
本気で歌に取り組むつもりなら事務所を頼ってはいけないと
いうことじゃなんですかね?
育てる気は毛頭ないみたいだし…



ふくちゃんは自費でやってるって聞いたことあるわ
まあ小田ちゃんの家庭環境では無理だろうな・・・
でも最近は大手のアーチスト有望株でも親負担になってるからな・・・貧乏人はプロデューサー相手に枕するぐらいの覚悟がないと有力トレーナーへの紹介状も貰えない
もうレコード会社がリスクを取れる時代じゃないんだよな



仮に自費で出来る環境があっても今は忙しすぎて無理じゃない?
ふくちゃんも昔の話だし
ボイスレッスンは継続して見てもらわないといけないから
飯窪さんブログだと丸々オフは4月ぶりだとか



今晩のTGL、矢島さんのソロ歌コーナーがあるそうです。これってもしかして、超久しぶり(2014年9月以来)の「カバコレ」?
「カバコレ」は小田ちゃんが最初二回連続で出て、ここの住民的にも好評だった企画。もし「カバコレ」復活だとしたら、まあ小田ちゃんの出番がすぐにくるはずはないだろうけども、それにしてもまた次の順が回ってきたら…とちょっと期待してしまう。



他ヲタから見るとモー娘。の不揃い感が苦手
早くソロで活動してほしい
その方がグッとレベルアップしそう



>>245
はしもんのソロもあったね。
はしもんも上手だけどソロアーチストとしてみたらやっぱ弱いな。
今の小田ちゃんもそうだけど・・・・
いきもの吉岡みたいに数年間活動停止してでも猛訓練しないと声量とかキーの拡張とかできないんだろうな・・・



meninaweide

さくらのしらべ5で「中央改札」聴かせてもらった後で、Youtubeに上がってる何種類かの松浦さんの「中央改札」聴かせて頂いたんですけど、正直、さくらちゃん負けてないと思いました。さくらちゃんの年齢なりの「中央改札」が歌えてたと思います。もちろん不満を挙げ出したら切りがないですし、現状はまださくらちゃんのポテンシャルの半分も出てないと思います。ただ、ソロになってもっと余裕を持ったペースで仕事が出来て、レッスンの時間も定期的に設けられるなら、それだけでさくらちゃんなら大丈夫だと思います。



本格的な基礎トレーニングをするときは一度すべてをリセットするらしいから、キー失調など一時的にステージには立てないほど不安定になってしまうらしい。



meninaweide

>>249
なるほど、本格的なトレーニングってそれほどのものなんですか。
だとすると、これはもう、事務所云々というよりさくらちゃん自身の決断にかかってきますね。



一部で佐藤さんの卒業が疑われていますが
もしそうなったら小田ちゃんのソロへの道はさらに遠のきますね



自分で曲作らないソロアーティストってパワーボーカルが必須になりつつあるからな・・・・

路上ライブの素人時代から知ってるけど、吉岡聖恵も昭和音楽大に行く前と行ったあとでは全然違う。自分の歌が声楽的にはまるで通用しなくて歌いたくなくるほどだったとか言ってたな。今の声量はこのときの訓練あってのもの。

MISIAとかSuperflyとかあの声出して喉傷めないんだから鍛え方も、声の出し方も、ライブ後のクールダウンの仕方も、日常生活での気遣いも違うんだろうね。



小田ちゃんはパワーボーカル系もいけそうだけどそっち方面より元の声質の良さを活かした方面に行ってほしい
けど良曲たくさん生んだ80~90年代ならまだしも今は無理か



わたしはしらべ5だとforever あなたに会いたいが良かった
今まで知らなくてれいな版を聴いてみたけど全然違う
技術は確かにれいなは凄いんだけど小田ちゃんのは表現力?感情?とかが伝わってきて
部屋とYシャツと私はあやや版とか半端なくて感情のこめ方すごかったけど、原曲の淡々とした歌い方の中にあるチクっとした毒が好きな自分は逆に感情少なそうな小田ちゃんのが良かったな



>>253
宮本佳林のほうが、日頃から松田聖子信奉発言をよくしてる分、周囲の80年代を知ってるおっさんらに
この子に協力してあげたいな!と思われやすそう
小田ちゃんは歌わせたら80年代モノがイケるはずなんだけど、
いかんせん聴くものが極めて現代的だからね



>>255
現代的というか幅広く聴いてるイメージ
聖子の小麦色のマーメイドの話をヲタとしてたので、周りに言わないだけで色々聴いてるんじゃないかな



古い楽曲は親の影響が大きいと思う。
小田母が電グルとかケイト・ブッシュのファンならアイドル曲を好んで聞いていたとは思えないな。
80年代アイドルとかは事務所やヲタからもらったCDや動画で初めて聞いたぐらいじゃないかな。
3.5のとき歌った非ハロアイドル曲はすべて知らなかったし。



>>251
ソロシンガーというVISIONがある小田ちゃんの方が早く卒業した方が良いだけどな。
まーちゃんはCoccoに似た危うさを感じるな。
せっかく芸術系に偏った脳神経リソースがあるのだから、もう数段特定分野への集中力が欲しいな・・・・



舞台観てきた やっぱりソロのが輝くなぁと
短いフレーズじゃ伝わらない世界観を独唱によってバンバン見せつけられた



小田ちゃんのファンってミニマリスト傾向の人多そう・・・・私もそうだけど
小田ちゃん自身がミニマリストっぽいもんね



小田ちゃん自身はソロを口にしてるので、
卒業は視野に入ってると思うのですが、
事務所がどう考えてるのか?まったくわかりませんね。
契約問題も含めてどうなのか?で、
いくら本人や小田のファンがどうのこうの言ってもこればっかりは…
なんか昔からファンが思うような事とは反対の事をやってしまう事務所なので、小田に関してもファンが望んでない方向に行きそうで
…危惧しています。



この板のどのスレだったか憶えてないけどコテの人が
鞘師は解雇覚悟で卒業を申し出たとどこかに書いてあった、といってて、
それはたしかに自分も見覚えがあるんだけど、
逆にいえばアップフロントはそれほどの覚悟を伴うほどの申し出であっても
鞘師への借りを想えば許して受け容れてしまう、という
すごくいい意味での超大甘事務所だってことですよ
普通、営利企業は、人を人とも思わず搾取できるものはどこまでも搾り取るのが常道じゃないですか、今どき

そういう意味では>>261
「本人や小田のファンがどうのこうの言っても」じゃなくて、
「小田のファンがどうのこうの言っても」なんじゃないんですかね
つまり、『本人がどうのこうの言い始めること以外に卒業のトリガーはない』、というのが正解なんでは

もちろん10年いたら別だけどね、肩たたきもあるでしょうさ



小田の場合、問題になるのは本人の意思と母親の信奉する思想信条との兼ね合いだと思うわ。



tawはまぁ自己啓発だしそんなに問題ないと思いますが



今の時代、正直ソロは難しいね
同世代のソロ歌手大原櫻子も藤原さくらも主題歌やドラマ出演したってパッとしないし



大原櫻子もアルバムは7万以上売ってるからそこそこ売れてるほうでは・・・・すでにMIWAとかといい勝負になってるよ・・・・もう若手とは言えないけど西野カナが強いかな・・・・女性ソロは伝統的にソニー系列が強いわ(そのかわりアイドルグループは苦手、リトグリでどこまでいけるかだが)



まあ曲作らない人は女優なみとルックスと歌唱技術とパワーがないと難しいだろうね。あとは自分で曲作るか、曲作れる人のバンドのボーカルになる吉岡パターンか。大原櫻子とかMIWAは西野カナとかと比べるとどうしても歌唱力不足を感じるな。



ソニーは伝統的に声質重視のプロデュースに長けている。
山口百恵、松田聖子、吉田美和、中島美嘉、吉岡聖恵、YUI、西野カナと時代を代表するボーカルを発掘してる。
しかも他所のレコード会社落ちたの拾ってきたりして育ててるから、独特の嗅覚があるんだろうな。



歌番組が減ってるから女優としてTV露出を増やすしかないのがな・・・・昔と違うところ



>>269
そのせいで世間からゴリ推しって言われてしまうんですよね
歌手かモデルか女優かよくわからんって私の家族も言ってました
最近の世代のソロ歌手がいまいち定着しないのはそのせいだと思います



歌も芝居もなんて、昭和のスターなんて皆そんなんでしたよ



昭和は今より音楽ドラマ自体に人気あったからそりゃね
90年代00年代の女性ソロ歌手でドラマも映画もモデルもなんて人あんま居ないでしょ
上に上がってる中島美嘉やYUIや浜崎あゆみ吉田美和とかさ

女優→歌手デビューならいっぱい居るけど



NANAがヒットした中島美嘉はモデルも女優も型だな。
映画バイオハザードにも出るぐらいだし。



関係ないけど、この間のMステで中島美嘉が歌ってたけどめちゃくちゃひどくなっててショックだった
ボイスレッスン欠かさずにしなくちゃ駄目だねやっぱり



中島美嘉は耳の病気の問題が深刻なんじゃないかな。比較的良い時とかなり悪いときがあるらしいけど。



浜崎あゆみと中島美嘉はモデルも女優も歌手もタイプだよ。
中島美嘉は元々モデルデビューだった。
娘。ヲタは娘。しか見てないから他がミリオン連発してても知らなくて娘。の方が売れてたと思い込んでる奴多いなw



教祖・浜崎あゆみはCMやらモデルやら恋愛ネタの芸能バラエティでも出ずっぱりで昭和アイドルが霞むほどのメディア露出だったはずですが・・・・
ある意味、松田聖子・中森明菜路線の継承者でしょ
シングル2000万越え、アルバム2400万越えなんて、女性ソロはもう二度と現れそうにないわよ

中島美嘉も映画もヒットしたしモデルとしてもそこそこ成功したしアルバム3枚がミリオン超えてるから一時代は作ったと言えるし・・・

西野カナもすでにCD売れない時代にミリオン近いアルバム出してるからソロでも勝負できる奴は勝負できる可能性はありかなと・・・・
ドリカムが今でもベストアルバムで70万とか売ってるのはマジで凄いと思うわ

00年代以降は女優よりもモデル兼歌手がマーケティングとしては正解なのかも



2chからですがANNMで小田ちゃんが話したみたい
タイミングが良ければソロ歌番組出演だったみたい

>>32
小田がどの程度歌えるか知りたかったからマネージャーと某局スタッフ達と一緒にカラオケへ行ったってだけの話だよ
肝心の番組は収録日がライブと被ってたから見送ったって話



>>278
何の番組だろう??



ちなみにそのカラオケでハナミズキを歌い96点だったようです



もしかしてカラオケバトルみたいなやつか



番組名は言わなかったみたいです 気になりますね 
UTAGEとかでしょうか OGもよく出てますし
なんにせよまたそういった機会がくるのを祈ってます



ハロメンのソロ歌唱動画のアップ主によると小田動画アナリシスだけ他メンのそれとは大きく傾向が違う。

年齢層が10~30代の女性が7割超、男性は40未満が極端に少ない。
瞬間風速は高くないが時間の経過による再生ペースの低下が少ない。
接続IP数にもその傾向が見て取れるから、古い動画も定期的に見に来る視聴者が多い。
娘。本体や他メンの動画からたどり着く視聴者の比率が低く、小田さくら関連用語の直接検索によるアクセス率が高い。
小田ソロ動画視聴層は小田ソロ歌唱動画ばかり見ていて娘。動画やハロ動画はあまり見ない。
小田がメイン張ってても娘。動画へのアクセス頻度は高くない。小田ソロか小田切り抜き動画ばかり見てる。
小田ソロ動画でも歌唱動画以外への関心は低い。

おそらく小田動画視聴中心層は娘。DDではなく、完全な小田ソロ歌唱推しだが娘。的活動には興味を持っていない層が多めということかも。

おまいつ系によるとさくらのしらべだけ他メンのBDイベと客層が違うそうだから、そのあたりも動画の再生傾向と重なっているかもしれない。
事務所の公式動画でもしらべ動画視聴者の傾向は把握してるはずだか、果たしてアナリシスはどうなんだろう。



男性40以上です。
さくらちゃんのソロ歌唱動画が多いなと思ってました。娘。も好きだけど、別格過ぎて物足りなくなります。ファンはさくらちゃんの歌が聞きたいんですよね。



>>283
ああ・・・・俺のことだわ・・・・・
俺の妹(20代)もそんな感じだと思う・・・
ついでにいうとお気に入りのソロアーティストのひとりが、たまたまハロに居たって感じだな。
ツベアナだと他人のUP動画との関連とかそこそこ金払わないと教えてくれないけど、それがわかったらもっと面白い分析ができるんじゃないかな??



たしかに小田だけ切り抜いた動画は異様に多いな。
他メンヲタはあんまりそういうの作らないのか?



>>268
ソニーのソロなら鈴木亜美を忘れるなよ!
事務所の脱税トラブルで活動休止するまでの2年ほどにシングル二枚とオリジナルアルバム二枚のミリオン出してるぞ!
ソロとしての実績ならハロプロ勢は足元にも及ばん。モー娘。さえオリジナルアルバムでミリオンはないのだから…



「小田の軍団」でも物足りないな・・・・
小田にはソロ用の曲を歌ってほしい



>>283

なんか納得するわ・・・
ソロ動画再生としらべ人気の強さが、娘。現場人気やグッズ人気とミスマッチすぎるもん・・・・

娘。に興味を持っても小田ソロにハマると娘。本体への興味が薄れるのな
娘。の小田としらべの小田は全く別物
しらべDVDは何度も見るけど、娘。青レイは1回見てオークション行き・・・

自分みたく娘。に対して元々の思い入れがないまま小田ヲタになった層ほどその傾向ありじゃないかな



>>289
グループの思い入れが少ない私もその一人かもって思いました。
最低でも鞘師さん以上のパートナーが現れれば違ってくるかもしれませんが、、、、、



meninaweide

>>290
奇数期はなぜか即戦力となる逸材が多いという印象があって、実はひそかに13期に期待しています。
1期は言わずもがなですし、3期の後藤さん、5期の高橋さん、7期の久住さん、9期の鞘師さん、そして11期は我らがさくらちゃん。



>>291
13期のメンバーと、鞘師さんとのデュエット曲やってほしい





しばらくとは果たしていつまで??



最近小田ちゃんの歌が下手になったというコメントを色んなところで見かけるけど、あんなハードスケジュールを組まされて休む暇ないのによくまとめてるし(むしろ毎度感動をありがとう!)、喉を壊さないように試行錯誤してるのだろうなと思っている。
多分小田ちゃんは卒業後のvisionが現メンバーの中で一番はっきりしてる気がするから、突き進んでいってほしいな。
しかしソロで歌った時の小田ちゃんのオーラはすごかった、完全にソロ向きだと確信した。



今の若い人はさくらちゃんの歌声をどう感じるのかな。絶滅寸前(もう絶滅した?)の日本歌謡曲を救うのは、さくらちゃんしかいないと思う。どんな曲調にも合う歌手っていないから、声質に合った路線で勝負して欲しい。



下顎の口内にいくつか急所があるんだよね
そこに怪我や口内炎ができると声帯にも影響が及ぶところが
例えば舌裏の唾液腺近辺とか・・・・
昔新潟で声出せなくなったのもそれが原因じゃないかな



アーチストとかでよくフェスでコラボとかするけど、コラボだと全然良くない・目立たないけどソロだとすごい!!って人が結構いる
中森明菜とかaikoとか・・・西野カナもそうかもしれない
小田ちゃんもそのタイプに近い気がする
コラボだとどうしてもパワー系が目立つよね



テレビで最近、カラオケのうまさを競う番組多いですね。歌をデジタルで評価して何が面白いのか。私はディーバ系の歌い手は苦手なので、どんな曲でもさくらちゃんの世界観で表現出来るところが、さくらちゃん歌唱を気にいってる理由です。



歌い手側の技術よりも聴衆の脳波への影響とかの方がありかな



さくらちゃんは、単に歌手というより、サブカルチャー的なアプローチがあるから、シンガーソングライターみたいなデビューになると勝手に予想



環境があったら椎名林檎みたいな感じだったかも



ヤッパおださくはソロ歌
普通にソロ紺やってほしいよね
もちソロアルバムも



この事務所は声質に合わせることはしないから、レコード会社を移籍できるならその方が良いんじゃないかな。
プロデュース側がやりたいことをやるスタイルだから、プロデュース側が歌い手より前向き出てくるし、あくまで歌い手はそのための楽器に過ぎない

声質を生かすことにプロデュース側が心血を注ぐのはソニー系列のスタイル、だからアーチストありきだからプロデュース側がアーチストの前に立たないんだよ



>>298
そんなコメあるんですねー
個人的には2016に入ってから急激に成長したように思いましたが
つんくのツイでもありましたし
元から上手い子は成長しても気づかれにくいし小田ちゃんもそういうようなこと言ってました
リズムや発声や歌の表情の付け方など細かな点がしっかりと伸びていってますよね



ほんとスキルメンはボロボロになるな

>>295 >>305
下手になったというよりも迫力が減ったって感じかな
故障しないようにセーブしてるからだと思う
ガナリもめっちゃ減ったし
娘。ヲタは愛ちゃんや鞘師やまーみたいな後先考えないで振り絞ってるのが好きだから・・・・



meninaweide

春ツアーでは終盤に来て喉の疲れを感じさせる歌唱が目立ちました。



もし、こういった休養しなければいけないようなケガが続いてしまったら佐藤さんは卒業してしまうのでしょうか?
そうなったらさくらちゃんの卒業はもっと延びてしまいますね…



がなる=上手いという風潮は何だかなと思う。
実際盛り上がるし格好いいし技術があって出来ることだと思うけど、がなった時に迫力が出るのはそれまでの流れがしっかりしてるからなのになー。
まあ娘。の場合は人数が多いから、全員ががなり歌唱しても声色の違いを楽しめるんだろうけど、やりすぎてとりあえず物理で殴ってますみたいなのは雑さの方が目につく。
プラチナ期はその辺のバランスが神がかってたと思う。



小田ちゃんの場合は、全然違ってくるだろうけど、すごいコンサートの数をこなして多忙であることはかわりはないので、喉と体を大事にして欲しいと願うばかりです。



アーチストとかだったら年2回しかツアーしないし、1日1公演だし、しっかりオフとトレーニング期間を準備するからね。結局働きすぎなんよ、まだ体もしっかりしていないのに。



練習7、本番3ぐらいが適正だと思うけど、娘。の場合逆だからな・・・



指原さんとコラボとのことですが、おそらくレコーディングDが普段の鎌田/山尾/たいせいさん以外の方が担当になると思うのでそこは一つ楽しみですね。
外部のスタッフの指導が入ることでしょうから、また表現の幅が広がるんじゃないかと期待します。
一発で流して、適当に終了の可能性もありますが。



本格的に、ボーカルへのディレクションがあるかどうかはわかりませんが、他のスタジオで録音してきたということだけでも、小田ちゃんなら色々吸収してきたんではないかいと思います。



>>313>>314
どうでしょうね、こういう報道もあるんですが

> 両者はこのほど別々にレコーディングを済ませたという。
サシニング娘。結成!! さしこ&モー娘のコラボユニット:芸能・社会:中日スポーツ(CHUNICHI Web)

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2016122602000143.html



>>315
文面だけで解釈すると、別の日に収録を行ったということだと思います。作詞作曲が秋元さんで、わざわざ異なるスタッフ、場所で録音しそれをミックスするというのはあまり考えにくいかと思います。
Dが違えばリズムもニュアンスも全く違うものになるはずなので。



その件、正解はこちら

> レコーディングスタジオも、普段AKB48さんがレコーディングされてる場所だったので緊張しました〜(*’ω’*)

サシニング娘。 飯窪春菜|モーニング娘。‘16 天気組オフィシャルブログ Powered by Ameba

http://ameblo.jp/morningmusume-10ki/entry-12232279465.html



秋元Pは美空ひばりさんのレコーディングに参加して
一発撮り、それも30分そこらで終わったので驚いた。
自分が関わったアイドルは、何回か歌わせていいとこだけを切り取ってつなげるので時間が凄くかかるっていう話をしてました。
今もPで関わってるなら基本アイドルのレコーディングはこの方式だと思いますよ。



スタッフが先方の人達であることはこちら↓で確定



今年こそソロ歌活動と期待していたがまーの怪我とか考えると無理かな



カウコン入りましたが、まーさくパートはたぶん全部さくソロでしたね
まーソロパートは、大部分がふくorさく、一部だーorどぅーでカバー、でした



もういっちょで安定のその上を目指したいと言ってましたね
誰に憚ることないもっと己を出すパフォーマンスに期待したいですね



今年もだれか卒業するんじゃないかと思うが小田ちゃんはどうかな?



早くソロをみたい気持ちもあるけど、グループをもっと押し上げてほしい気持ちもある。結局、どっちも楽しみ。



野中と横山の成長しだいじゃないかと思うけど、
小田ちゃんよりフクちゃんの方が先じゃないか?
って気もするので、
歌唱メンが新たに入ってこない限り、
小田の卒業はないんじゃないか?と思ってます。

でもフクちゃんが「小田ちゃん長期在籍でエーダー目指してよ」って言われて否定したので、本人的には長期在籍する気はさらさらないんじゃないかな?



本人の望むままに進んで欲しいな
自分はメンバーの誰がエースになってもいいと思っていて、それが小田ちゃんだったらとても嬉しく思うけど、小田ちゃんの実力を認めていても、小田ちゃんはエースって感じじゃない、脇で支えるのが似合うと悪気なく便利屋扱いするファンがけっこういるのが心苦しい



さくらちゃんはおそらく専業の歌手(シンガーソングライターでなく)を目指すでしょうから、良い作詞・作曲家/プロデューサーに出会った時が卒業のタイミングかなと勝手に思っています。



>>326
悪気がない以上そういうファンをどうこうするのは無理ですから諦めましょう
レコーディングスタッフが便利屋扱いしなくなってます(最初の1年はしてた)からそれでよしとしときましょう



meninaweide

悪気がないというより、本物を見る目、聞く耳を持たない人だと、自分は思ってます。



>>326
むしろソロアーチスト属性の高い人は、アイドルグループでは異質な存在であることが多いので、それでいいんじゃないでしょうか?
売れ筋アイドルグループのエース級は卒業後パッとしません。アーチスト転向で成功した人はアイドルグループでは異端児・助っ人・脇役だった人の方が多いですね。



娘。は5年契約って噂もあるから、今年の秋に卒業する可能性は大有りだと思う。レコーディングは見せるが娘。CDでは採用しないとか、事務所の小田ソロ動画狩りとか、小田ソロの布石かもって思ってる。



新曲MVみて年内卒が頭に浮かんだ。



後輩で一番先に卒業するのは誰か?という質問だった
と思いますが、
道重が小田の名前を出して「卒業して、さくらのしらべやっていそう」って言ってたと思います。
卒業後もアップフロントに残るという事は、
多分その道にいかされるんじゃないか?とw
『しらべ』が好きだっていうオタには悪いですけど、
私は小田ちゃんはカバー歌手で終わって欲しくないです。



>>333
2014年1月のアリオ橋本でのトークイベでだよね。
さゆ自身は不在だったんだよね。
さゆが予想する現メンの卒業順をあてるクイズで「小田は早々に卒業してさくらのしらべばかりやってそう」だったと思う。まあ一番最後まで残ると予想していたのがりほりほだったからあてにならないけど、当時のスタッフ(特にしらべ担当者)やメンバーの間に小田は本来ソロの人って意識はあったと思う。
でも小田はソロでオリジナルをやると思うよ。完全ソロかどうかわからんが・・・・持田香織・吉岡聖恵みたいなパターンを期待するが



それは一番下の期だったからでしょ
そこで9期の名前なんか出したらガチ感が出ちゃう
一番安パイなチョイスをしたっていう、ただそれだけのことだと思いますけど
当時24歳ともなれば、それくらいの波風を最小限にする話術はもってるでしょう普通



ラベやベリOG、さゆ復帰や℃-uteメンの解散後の活動とか事務所も手一杯だろうしな・・・・



ソロ派の人のツイートなので内容はともかく、興味深いのはイイネ!してる人がインタビュアーの平賀さん自身なんだよね。
やっぱり平賀さんも小田さくらはホントはソロ向きって思ってるのかな??



しらべの売れ方とか見てると娘。ヲタと小田ヲタの分離が勢い増してるのがよくわかる
そらマジ歌聴きたい人が音響で胡麻化してるようなライブに行くわけないわな



鞘師・ズッキ・工藤と5年契約終了の翌年に新しい進路を選んでいるわけだが、小田がこの9月で5年になる。最近小田はソロ志向を言わなくなったが、この事務所はむしろ卒業予定の奴ほど卒業否定させる傾向があるので、来年は小田のソロ転向やボーカルユニット移籍なんかが十分にあり得ると思っている。



カントリーガールズのメンバーが、グループを兼任する見たいですが、だったら小田ちゃんもソロと娘。兼任でいけるんじゃないだろうか。



meninaweide

娘。以外のグループなら「兼任」も余裕でしょうけどね。



グループを兼任だなんて、某グループと一緒ですね。
兼任されたグループも困ると思うけど、どうなんですかね。
グループの存在が軽くなりませんか。
ここで言うことでは無いけど。



ソロと兼任で、小田ちゃんのソロ曲とか想像しちゃう



さくらねこ

個人的にはカンガルの再開に自分はあまり乗り気でなかった。本来の半芸半農からとうに外れてるし、そもそも田中義剛がプロデュースしなけりゃいけない案件。曰く付からも脱していないし。
自分は今回の件前向きにとらえています。舟木か森戸が入れば面白くなると思う。さくらちゃんの別ユニット結成は…自分は無いと思うなぁ。事務所はさくらちゃんを新たなマザーシップに据える気じゃないかと感じています。それはそれで焦ってソロを急ぐ必要は無いと思っています。
実力派を目指すなら25歳以降でも問題ないかと。
こう言うとソロ願望の方々は不満かも知れないけどw…あまり急ぐのは賢明とも言えないと私は思っています。
(^~^ )



meninaweide

娘。はハローで唯一オーデで人材を集めているグループなので、移籍というのは中々難しいものがある気がします。もちろん、藤本さんという前例がありますけど、森戸さんや舟木さんが藤本さんレベルかというと…。
「兼任」なんてしてる余裕がない程忙しいグループでもありますし。



むしろ早くソロ転させた方がよいと思うけどな。
すでに娘。はスーパーモンキーズみたいになりつつあるよ。
ヲタも小田ヲタと娘。ヲタは分離しつつあるし。



ソロデビューは、楽しみにしてるけど、小田ちゃん自身はグループでの活動を楽しんでいるようにも思えるけどどうなんでしょう。



楽しんでるどころか、娘。の歴史の礎の一部になり、それを次代へつないでいくことに対して強烈な自負心をもってますね
(「なれてよかった~!」的な意味ではなく、「なったからには私はああせねばならぬこうであらねばならぬ責任があるのだ!」的な気概という意味です)



meninaweide

さくらちゃんがハロー!プロジェクトを卒業してソロデビューするのをひたすら待つことにします。



>>349
できれば大人のソロアーティストをプロデュースできるところがいいね。アップフロントは女性ソロアーティストで成功例ないからね。まともアルバムもつくれないのに最早音楽事務所とは言えないだろう。



meninaweide

>>350
事務所の移籍は難しいでしょう。なのでソロデビュー出来たとしても大きな期待は持てないですが、それでも今よりはましだと思います。



昨夜の新体制発表ですけど、まあ茶番だなと感じました。たかが6人6様の加入劇だというだけの話なのに、20周年を意味不明に執拗に絡めているのが実にバカらしかったです。「普通は年に2回ぐらいしか見れない加入劇をなんと今回は一挙に6人分もお見せしちゃいますよ~出血大サービス~なんちゃって~w」くらいの軽いノリでやるんだったら楽しめたんですが、たかが6人加入したごときで、どこが20周年絡みなんだ、と。
20周年というアニバーサリーなんだから、その重みに見合うだけの「大盤振る舞い」「大なた」「攻め」「変化」いずれかがなきゃいけないと思うんです。べつにそれがないなら、「いえいえ、ウチは20周年でも身の丈に合ってないことはせず平常運行です」と宣言すればいいだけの話なんです。
個人的には、例えば、「配信への移行を、カントリーだけでなく他グループも一気に推進する」とか、「カントリーの山木小関に倣って、学業両立優先メンバーを改めて募り、希望者がパートタイムハロメン活動をできるように整備する」とか、「今後のカントリー的な / これまでのBuono!的な、パートタイム活動しかしないユニットを、逆に増やし、総ユニット数としてはむしろ大幅に増える」とか、そういったことを夢想していて、これらなら、構造改革とか、野心的試みと呼ぶに一応値するもので、20周年というお題目に絡めて掲げても、まあ見劣りしないくらいの大胆さはあるかな、と思ってたんです。

で、そうした大胆改革のなかに、サラッと、小田ちゃんのソロ兼任準備開始宣言を紛れ込ますなんてことも十分できるよな、とも思っていました。「パートタイム娘。メン化」の始まりとして。田中れいなが娘。在籍中からバンドメンバーを募集し始めたのと同じような感じですね。

その「小田さくらパートタイム娘。メン化」が叶わなかったからクソだ、といいたいんではないわけなんですが、まあとにかく、昨夜の新体制発表はトホホでしたね。まさか本当に、ただの加入劇6人分だけで終わるとはな。



>>小田ちゃんのソロ兼任準備開始宣言…
確かに、こういったチャンスでこういうのもあったもよかったですね。



卒業後にソロ歌手として活動するとしても今のうちにソロとしてのスタイルを確立しておいた方がスムーズに移行出来ると思う。
グループ活動とソロ活動なんとか両立できないかな~



実際の公演は難しいから、小田ちゃんもみているニコニコ動画内とかとかでもと考えしまいます。



芸能界やハロプロに詳しくないのですが、事務所移籍って難しいのでしょうか?
田村さんの様にアップフロントが離したくなくてもさくらちゃんが望めば移籍できると思うんです。ただ、さくらちゃんが移籍を望むか望まないかはわかりませんが。



meninaweide

田村さんはミュージカルですけど、さくらちゃんは歌手なので。ソロ歌手になりたいので事務所を変わりたいって申し出ても、「は?うち音楽事務所だけど」って言われて終わりだと思います。



音楽関係の人の場合、そもそもテレビとかの出演のマネージメントの会社と、レコードのレーベル会社が分かれてる事が多く、レーベルの移籍はよくありますね。
例えばアミューズに所属するアーティスト(サザンやポルノグラフィティ、perfume)などはビクター、ソニー、ユニーバーサルと様々で
アップフロントの場合マネジメントの会社UFP?と自社レーベル(ゼティマ、ハチャマ)等が同じ資本の中で存在していて業界の中では割と珍しいのかなと思います。



>>358
ただ、ソニー・ミュージックエンタテインメントは、傘下にソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)という今や大手となった事務所をもっていますし、ワーナーミュージック・ジャパンも同様にワーナーミュージックエージェンシーというのがあります
SMAなんか、25年前くらいはユニコーンや真心ブラザーズぐらいしか目ぼしいバンドいなかったのにね
むしろ、業界全体ができればアップフロントのようになりたいと思っているんじゃないですかね

ワーナーなんか、つい最近、CDの流通機能を自社でもつのを辞めたんですよ
今後ソニー・ミュージックマーケティングへ委託するんだそうです
それってつまり、アップフロントが、楽曲の企画制作レコーディング販売促進はやるけど、流通はソニーやポニーキャニオンに委託する(ゼティマ、ハチャマ、ピッコロタウン)っていうのと同じモデルってことです
この動きを鑑みるに、少なくともワーナーはアップフロントモデルになりたいんじゃないかなあ

逆にアップフロントが他社を羨むことがあるとしたら、ソニー・ミュージックエンタテインメントがZeppというライヴハウスネットワークをもっている点だと思います
ここはたぶん大いに羨んでいるんではないかと



>>356
事務所の移籍はなかなか難しいですね
例えば契約が満了したとしても
違う事務所に移籍となると
最低でも2年くらいは干されるのが暗黙のルールだそうです
(今回のSMAPの移籍問題でもそういう話が出てます)

干されずにすんなり移籍出来た人の例で
郷ひろみさんがいますが
あれは心身ともに郷さんが病んでしまって
仕方なく移籍をジャニーさんが認めたって話です。
それと どーしても郷が欲しかった、
バーの周防社長の交渉が上手かったというのもあります。

よその大手の社長がそれくらい入れ込む逸材なら
可能性はありますが
今はCD自体が売れなくなって
ÇDの冬の時代と呼ばれてますから
リスクを冒してまで
(やはり引き抜きは事務所同士遺恨を残す)
よその事務所から歌手を引き抜こうなど
と思う事務所事態ないんじゃないかと思います。



皆さん、私の質問に詳しく且つご丁寧に返答していただきありがとうございます。
アップフロントはソロ歌手を育てるのが上手ではないと聞いたことがあったので勝手ながらさくらちゃんのことを心配してしまいました。ですが、さくらちゃんなら大丈夫だと信じて応援し続けます!ありがとうございました。



グループの真ん中に居るよりも独りで佇んでいる方が似合う気がする



>>359
アップフロントのホームページを見ていて気になったことがあります。
みやさと奏さんはアップフロントクリエイト所属ですが、レコード会社は徳間ジャパン。松原健之さんはテイチクレコードから出しているようなんですが、この人たちの楽曲って誰が主導で作ってるんでしょうかね?
松原さんがスターダストレビューのカバーをやったりしているところを見ると、アップフロント主導なんでしょうか?



>>363
演歌はよく作曲家の方の名前がよく出てきますが、プロデュース的な役割はどうなんでしょう。マネージャーさんなのでしょうか。小田ちゃんの場合は、セルフプロデュース的なものが似合うと思っちゃいます。



>>364
小田ちゃんは四柱推命的にも西洋占星術的にも姓名判断的にも会社員はおよそ向いてなくて起業家・自営業向けな人なのね
グループだと自己相対的に輝けない人だし敵だらけになってグループを破壊しちゃうこともありうる(しかも不戦勝でねw)
なんせ基本運気が強いからね・・・運気の悪い少女期でも今の位置だから・・・
芸能事務所との関係も社員じゃなくて業務委託契約じゃないとダメな人
活躍するとしたらそれなりの年齢になってから・・・当然セルフプロデュースってことになるわね



>>363
アップフロント系列の事務所所属の歌手で
・所属レーベルがアップフロント系列(ゼティマ、ハチャマ、ピッコロタウン、アップフロントワークス)で、実質プロデュースもアップフロントワークスのディレクター
→ ハロプロアイドルなど
・所属レーベルがアップフロント系列(ゼティマ、ハチャマ、ピッコロタウン、アップフロントワークス)だけど、実質プロデュースは外部ブレーン
→ ビタスイ(YUIなどを手掛けた近藤ひさし)など
・所属レーベルがアップフロント系列(ゼティマ、ハチャマ、ピッコロタウン、アップフロントワークス)じゃなくて、実質プロデュースはそのレーベルのディレクター
→ ???
・所属レーベルがアップフロント系列(ゼティマ、ハチャマ、ピッコロタウン、アップフロントワークス)じゃなくて、実質プロデュースは外部ブレーン
→ アプガ(レーベルはT-Paletteでディレクターはmichitomo)など

3番目に該当する実例があるのかどうかは解りません
もしかしたら、ユニバーサルミュージック所属時代の吉川友はそれだったのかもしれません(?)

でもいずれにせよ、どんなパターンでも考えられ得る、と捉えておいたほうがいいのはほぼ確実なんじゃないでしょうか
なにしろ、「所属」レーベルったって、「所属契約をしてる間は他のレーベルから一切出せない」なんてものではまったくないんですから
だって、安倍なつみも飯田圭織もオファーを受けて日本コロムビアやテイチクから最近出してましたからね
「所属」という独占色ある言葉でさえ、関係各所が合意さえすりゃそれを飛び越えることがこんなに自由なわけですから、
況して、「どこの誰が実質プロデュースを手掛けるか」という、本来我々リスナーに開示しなくてもいい情報なんかは、なおのこと、自由なんではないか、と
自分で上の4例をまとめてみて、そう思いました



そう考えると、事務所の移籍なんて事考えなくても、製作やプロモーション等を外に投げる可能性もあるんですかね。



>>367
制作に関しては十分あり得ます

ビタスイは上記したとおりメジャーデビューシングルを外部ブレーンの近藤ひさし氏に任せたわけですけど、インディーズ時代はそうでなかった
旧GREEN ROOMとか観ると、初ワンマンライヴの時にたいせい氏が監督指示しに来てましたよね
レコーディングディレクターでしかないはずのたいせい氏が何故?と当時驚きましたが、つまり、「アップフロントワークス社のディレクター」という肩書を超えて、ビタスイの育成・基礎能力開発の担当者役を命じられていたんでしょうね
そして(ここが大事なんですが)、そうやって育てられたはずのビタスイが、しかしメジャーデビューするにあたって、近藤ひさし氏に預けられたわけです
つまり、アップフロントクリエイトの上層部が、“デビューさせることを決めはしたけども作品についてはどうもこれまでのインディーズのは正直今ひとつなんだよな~”と思っていたのだろう、ということです
そう思いながらも、でもメジャーデビューを決めた、と
(そこはまあ、いろいろ都合があるんだと思います、これ以上歳を重ねさせられない、とかとか)
これはつまり、アップフロントが、肝心の作品がしっくりきてないなら社内外を問わずスタッフ交代を断行する、というだけの「目的本位」なものの考えかたができる組織風土がある、ということの証左です

最適制作陣を一発で用意できる、とはいいませんけど、
それを目指して試行錯誤する覚悟ならある、そしてそのうえでそれが社内にいないのかもしれない、ということを認める程度の度量なら、ある、というのは、ちょっとホッとさせられる話ではありますよね



meninaweide

ハローの卒業生(今のところ娘。OGとベリキューと真野さんだけ)は基本 m-line に入るので、その点アプガやビタスイとは事情が違ってくるような気がしないでもないです。



>>369
いや、それがそうでもないんです
というのも、
上ではたまたまビタスイを例に出しましたが、PINK CRES.も同じだからです
PINK CRES.も、つい先日1stフルアルバムをリリースしてましたが、これの半分弱は、元PLATINUMという女性ヴォーカルグループのYUCCOという人が実質プロデュースを手掛けています
作詞や作曲をするだけでなくPINK CRES.のヴォイストレーナーも担当しているそうですし、
PINK CRES.の最初のオリジナル曲もこの人が手掛けたものですが、夏焼雅さん以外の2人はド素人ですから、ド素人にレコーディングの何たるかを体験させていき、力を抜いた歌唱を引き出させるのはなかなかデリケートな仕事だったはずで、そしてそれを百戦錬磨のアップフロントは分かっていたはずで、そのうえでそれをアップフロントワークスのディレクターにではなく外部ブレーンのYUCCO氏に託した、というのは、
これは>>368でいった「目的本位」な人材リソース配置そのものといって差し支えないんじゃないでしょうか

何故ビタスイ&近藤ひさし氏を先に例に挙げたのか、は、
上記したとおりPINK CRES.&YUCCO氏は「作品1枚まるごとその人実質プロデュース」の関係でない(例えばアップフロントワークスのディレクターである山尾正人氏がディレクションしている曲もアルバム中に数曲ある)ので、例としては解りにくいかな、と思ったからです
ビタスイなら、メジャーデビュー以前と以後でバサッと変わりましたからね



ヲタの方が卒業ソロ転向を望んでるのって小田ぐらいだろうな
しらべ現場行っても動画コメ見てもソロ派率たけ~って思うもん



年一回のさくらのしらべしかないから
不満が溜まるのも仕方ない



小田ヲタはアーチストヲタ傾向だから今のモー娘。は好みに合わんのだろうな



普通に娘。の小田ちゃんの方が好きっていう人のほうが多いと思うけどな~
ソロの小田ちゃんの方が好きって思う人はまだまだ少数だと思う



meninaweide

そもそもさくらちゃんはまだソロで活動してないですからね。どっちが好きっていう話にはなりようがないです。



グッズも個別も低調な小田ちゃんなのにさくらのしらべでディファ用意したのは小田推しはさくらのしらべ派率高めだと事務所が判断したからだと思うよ。公式動画の再生数も現場人気の低さが理解できないほどの多さ。小田以外の歌唱専門メンは集客苦労してるからね。参加した古参も書いてたけど娘。オマイツが参加していないBDは小田ぐらいだそうだから、それだけ娘。ヲタとしらべヲタは別ものなんだろ。



meninaweide

1回公演じゃディファでもキャパ小さすぎです。



小田さくら-ガラスのパンプス(さくらのしらべ4)
ちょうど2年前の動画だけどもうすぐ30万再生いきそうだがイイネは1783。
1年前の「娘。で歌っているときよりも、ひとりで歌ってるときの方がはるかに良いね、この子は・・・」というコメントへのイイネが338。
公開直後にイイネした人がほとんどだと思うから、公開1年後もこの動画を見ているディープな視聴者は1783よりはるかに少ないはず。
リピーターは少なくとも3割以上下手したら半分以上はソロを支持しているのかも。
娘。DDに頼らずとも集客できるのは将来のことを考えるといいことだと思う。



さくらのしらべに初参戦した娘。古参ヲタの一言「見たことのないヲタばっかり…」

そもそも古参ヲタがBDに参加しない時点でアイドルとしての娘。ヲタの多数には支持されてない可能性が大きい。でもしらべの小田推しは無視来ない数がいて娘。本体やアイドル的な活動(個別やグッズ、素人っぽい演劇)に興味がない、もしくは嫌ってる層が多いってことじゃないかな。



公式BDイベ動画
2015 鞘師・佐藤  再生数166857
2015 石田・小田  再生数163497
2015 譜久村・工藤 再生数114013

2016 小田・尾形  再生数162533
2016 工藤・野中  再生数135742
2016 佐藤・羽賀  再生数126928
2016 石田・牧野  再生数108100
2016 譜久村・飯窪 再生数77437

2017 小田     再生数114186
2017 佐藤     再生数70137
2017 石田・牧野  再生数60877



meninaweide

そもそも論として「さくらのしらべ」はバースデーイベントではなかったですからね。



さくらちゃんが卒業したら娘。はどうなるのかな。過去の楽曲を持て余してしまいそう。チェルが後継者になるのかな。ハロプロの他グループとの違いが無くなるでしょうね。本気で次期歌姫を募集した方が良い。



>>382
小田ヲタは卒業後の娘。云々よりも過去の娘。曲の小田ソロカバーアルバムの方が欲しいだろ
レコーディング動画でもいつもソロバージョン出せってコメで荒ぶってるしw



新曲はべつに、小田ちゃんがいなくなったらそれ用に、ウィークポイントを巧く隠した曲を作ってけばいいんですよ
2012年のEDM採用だってそういう面があったわけですし
それに適したマーケティングを行えば、これまでや今とは異なる新種のファン層を獲得できるでしょう、それでいいんです

でもコンサートは違う
コンサートというのはエンターテインメントであり、予定調和な面がだいぶ大きいですから、3~4割方チャレンジングなことはやりつつ、でも5割余くらいは、期待を期待どおりに応えないと観客満足度が確保できない
期待ってのは即ち、(1)ヒット曲をやること(2)新曲をやること(3)これまでの19年の歴史で生き残ってきた鉄板ライヴ曲をやること です
でこの(3)が、小田ちゃんに頼ってる部分が大きすぎるんですよねえ
「THEマンパワー」「HOW DU YOU LIKE JAPAN?」「SONGS」「Help me!!」…ここらへん、パッと思いついたところですけど
(「ブレインストーミング」は加賀ちゃんで何とかごまかせるかもしれない…)

ドス利かせた唸り声というピンポイントすぎる担当でいいから、後釜を真剣に検討しないとダメですね
小田ちゃんだってそれが本分なんじゃあ全然ないんですけど、でも、それを役割として承ってくれた
それによって可能になった曲というのがたくさんあるんです
それをまた、かなり長いこと封印しなくてはならなくなってしまう



その通りと思います。コンサートのレベルが明らかに低下する。ダントツの歌唱とダンスもトップメンのさくらちゃんレベルの子は研修生にも見当たりません。歌が上手い子はいるけど娘。を引っ張る事が出来ると思える子は?歌姫オーデションを早めにやったほうが良い。



meninaweide

今の事務所は何が何でもハロー!プロジェクト。もう娘。のオーデはやらないんじゃないかな。森戸さんの移籍はその意思表明だった気がします。リーダー譜久村さんの涙もその意図を感じた故だと思います。



>>384、386
事務所にとっては娘。の価値はネームバリューだけなんだろう。つんく♂を切った以上、娘。下げ、ハロ上げ路線を押しまくると思う・・・かつての愛ちゃんゴリ押しのように・・・
事務所も娘。は歌唱力を重視しない路線に振り向けてるように見える。今の娘。ヲタの大多数が歌唱力を気にするとは思えないし、重視する人は娘。推しから離れつつある。
事務所としても歌唱力を重視する人はJ=Jに来てくださいというスタンスかな。



meninaweide

J=Jのメンバーの歌唱力は、さくらちゃんを基準にすれば、格下すぎます。さくらちゃんの歌に酔いしれる人が満足できるレベルじゃないです。宮本さんと高木さんは何を勘違いしてるんだろうなといつも思ってます。金澤さんは独特すぎるし、一番まともなのは植村さんな気がしますが、彼女の才能は必ずしも高くないです。新規加入の段原さんも研修生レベルでは歌姫かも知れないけど、微妙ですね。何かが足りてない気がします。



ソロ女性アーティスト実績の無い事務所だからソロ転向を不安に感じている俺みたいな小田ヲタもいるよ。これがSONYやエイべとかだったらソロ転向シテクレってなってるな。



愛理が歌手活動をするらしいので、UFがどう扱うか見たいですね。外へ打って出るのか、ヲタ向け活動でお茶をにごすのか。さくらちゃんの場合は、いきなり売り出すより定期的なコンサートで実績をつけて、実力派として売り出して欲しい。まあコンサートだけでもUFに多大な貢献はすると思うよ。



ソロアーティストの実績がないと言われていますが、森高さんや松浦さんがいるし十分じゃないですか?
二人ともアルバムの売り上げで見ると何十万枚も売ってるわけですし。それともアイドルのカテゴリだからダメって事ですかね。



meninaweide

アイドルの時の勢いをそのまま維持することすらできなかったですね、お二人とも。娘。のマザーシップと言われた安倍さんもソロになるタイミングを完全に逸していたと思うし、しかもその後の戦略はノープランだったとしか思えないです。



>>391
アイドルからアーティストへの脱皮は上手くいきませんでした。
同時代の浜崎あゆみ・中島美嘉・MISIAが500万枚超、倖田來未や鈴木亜美も200万のアルバムを売っていることと比べると、やはり非ハロオタから見ると印象派薄かったと言わざるを得ないですね。初期のコミックソング的楽曲とコロッケの物まねがイロモノ的印象を与えてしまったように思います。熱を上げてた平井堅を逆に利用するぐらいシタタカになれればイメージも変わったと思いますが、おそらく松浦さんのメンタルがもたなかったでしょうね。
浜崎あゆみと中島美嘉はアーティスト扱いでしたが活動そのものは初期松田聖子型に近い歌・映画・スキャンダルを利用する戦略でしたね。
山本彩はじめ秋元系の人が積極的にアーティストとのコラボをしたがるアイドルを印象を少しでも払拭したいからでしょう。



小田だけ完成度も精神年齢も高杉で浮いてるからな
もっとスキル売りできる企画に回した方がいい

















meninaweide

娘。とカントリー・ガールズの兼任がありなら、娘。とソロの兼任もありだよなぁ。メジャーだといろいろ大変だろうから、当面はインディーズでどうだろう。







meninaweide

さくらちゃんにも早く娘。やハロープロジェクトの枠を越えてほしいんだけど、今の様子だと余裕で加入10周年くらい行ってしまいそうだな。



さくらのしらべを埋めてる人の半分近くがこの層だと思う



本来ソロでステージに立つべき人ですから
風水を重視する経営者なら絶対グループに入れたりしない



meninaweide

『邪魔しないで Here We Go!』、ソロパートが多いわけじゃないのに、聴いてるともうほとんどさくらちゃんの歌にしか聞こえない。MV見ながらだと、またちょっと印象変わるんだけどね。



>>378 その後
小田さくら-ガラスのパンプス(さくらのしらべ4)2017/7/25

7/15→10/12 再生数29万→32万 イイネ1783→1919
1年前の「娘。で歌っているときよりも、ひとりで歌ってるときの方がはるかに良いね、この子は・・・」というコメントのイイネ338→382。
ちょうど1/3ぐらいがソロが良いと感じたことになる。



公式BDイベ動画
2015 鞘師・佐藤  再生数169027
2015 石田・小田  再生数164191
2015 譜久村・工藤 再生数116623

2016 小田・尾形  再生数165054
2016 工藤・野中  再生数140802
2016 佐藤・羽賀  再生数129475
2016 石田・牧野  再生数109491
2016 譜久村・飯窪 再生数 82897

2017 小田     再生数135227
2017 佐藤     再生数 99057
2017 石田・牧野  再生数 65927



今年のさくらのしらべは最高でした。全曲素晴らしい。今すぐにでもソロで行ける。明らかに他メンとレベルが違いすぎる。会社はいったいさくらちゃんをどうしたいのか?



小田ちゃん、最近は明らかに存在感が浮きすぎている(笑)
精神的成熟度がそうさせているのかはわからないけど、どんどんグループと乖離してきているように思う。
周りに歌割りを振れるようになった以上、あの状態の小田ちゃんをメインにすることはグループの選択としては多分ない。
まあ小田推しの鬱憤が溜まるのも、それに他メンの推しが反応してしまうのも仕方のないことだと思う。
鞘師が卒業してからこうなることはなんとなく予想していた。
小田ちゃんのソロデビューが潰されることだけは絶対に止めてもらいたい。



確かに最近は歌割りが少ないですね。さくらちゃんに歌割りを増やすと、小田さくらの歌になってしまう。その為に他にブツ切りの歌割りを増やす。それで事務所がいいと言うのなら、早く解放して欲しい。飼い殺しだけは辞めて欲しい。



meninaweide

最近のさくらちゃんは歌だけじゃなくダンスでもひとりだけ別次元だからなぁ。来年あたりが卒業にはちょうどいい時期なんだろうけど、さくらちゃんのモーニング娘。愛がうまく折り合ってくれるかどうか…。



TL見てても新規で小田に反応してるのはドルオタよりもむしろソロアーチストオタだから、やっぱりオタの方向性も違ってくるんじゃないの?



娘。のパフォーマンスが他のアイドルより格が違って見えるのは、小田ちゃんの歌に寄るところが大きい。もし卒業したら普通のグループになりそう。早く後継者を入れるべき。



昨日はとてもいいコンサートだった。
そして小田はすごかった(笑)
気持ちが入りすぎてしまうだろうに、自分をしっかりコントロールして完成度の高いものを見せてくれたように思う。
すでに先を見据えているような覚悟も表れていた。
ここ最近の成長速度の速さの一因はそこにあると思う。
未来のソロ活動がますます楽しみになった。



小田の場合、卒紺無しで辞めるぐらいの方が娘。も引きずらず、燃え尽きにもならず、ソロアーティスト活動してくれそう



meninaweide

立派な卒紺してもらったOGさんたちの方が変に引き摺らずに活躍されているというのが自分の印象です。



ボーカリストとして見るならばOGについてはパッとしないな….元モー娘。の肩書だけで…
娘。に限らずアイドルグループ出身者のアーチスト転向はホント難しい
安室奈美恵や持田香織みたいなのが理想だけどね



小田ちゃん、モーニング娘。を本質的な部分ですごい大事にしていて、モーニング娘。ブランドにこだわるような表面的なものじゃないような気がする。



小田の歌動画の再生が多いのって、こういう非娘。ヲタがよく見に来るからだろうね。あやや流れもいるし、前世紀アイドルや椎名林檎やaikoなんかのアーティスト兼ヲタとかも多いよな。



まさに歌謡曲を歌えるのはさくらちゃんだけ。
貴重な歌手になってしまった。この線で売り出せば誰ともかぶらないので需要はあると思うんだけど。



きっかみたいなカバーアルバムで良いから欲しい。



愛理はアップフロントクリエイト に移籍したね



鈴木愛理さんの武道館公演が発表されましたね。
ソロアーティストとしては実績のない状態で、事務所も勝負に出たなあという感じですが、実際のところどうなっていくでしょうか。。。

しかし、会社がソロ枠として愛理を売り出していく方針なのだとすれば、暫くは小田ちゃんも卒業できないのかな、なんて思いました。



meninaweide

>>426
逆に今ならある程度武道館を埋められるという判断なのかなと思います。少なくともこれでソロで武道館公演を行ったという「実績」は作れますし。



鈴木さんは、グループの延長線上での、まだアイドルという枠組みの中でデビューですが、小田ちゃんのソロデビューの時には、ぜひ長い展望の元に、歌手というかできれば、作家性も兼ね備えたアーティストとしてのデビューをして欲しいと勝手に思っています。



ソロで実績が無いのにいきなり武道館はやり過ぎの様な気がします。例え成功してもその後の活動に本当にメリットなんだろうか。箔がつく?のはいいけれど、一般を取り込めるだろうか。



>>429
状況が全く違うとはいえ、平家さんは、武道館でのデビューコンサートをしたときいていますが、同じようなことをするとは、正直びっくりしました。



正直なところ、まったく売れないのは活動できなくなってしまうので困るけど、会場がおっきくなってもそれが聞く側にとって良いかどうかは微妙なところじゃないですか?
むしろアルバム曲等含めプロデュース全体のクオリティのほうが気になる。そういう意味では夏焼さんのほうが、本人の趣味込みで”イイキョク”を書いて貰っているなあ、という印象を受けます。



おそらく先にアルバムリリースがあると予想するが、なんかタイアップがあるのかもね。あとTwitterの反応とかでイケルと判断したんじゃない。



meninaweide

アルバムリリースはあるでしょうね。℃-uteやBuonoのセルフカバーばかりでは様にならない。



今回はご祝儀でハロオタが埋めるかもしれませんが、一般にも広がる曲がないと、また身内商売に戻る気がします。それでも会社が儲かれば良いのでしょうが。



そもそもマーケティング主導に反発した音楽好きが集まって作った会社だから、制作側がヒット曲を生み出せる体制になってないのよね。



>むしろアルバム曲等含めプロデュース全体のクオリティのほうが気になる。そういう意味では夏焼さんのほうが、本人の趣味込みで”イイキョク”を書いて貰っているなあ、という印象を受けます。
小田ちゃんも、そういう意味で、”イイキョク”をうたってもらいたいと願っています。そうであれば、プロモーション方法はなんでもいいのかなとも思っちゃいます。



この事務所は功労者には手厚いから、卒業後に本人が希望すればソロでやらせて貰えると思う。その上で小田ちゃんが歌いたいジャンルと、ファンが求めてる歌と事務所のやりたい音楽が完全にではなくとも同じ方向に向かってくれればいいですね。



つべでもハロオタ以外の聴視者が多い。路線を間違わなければ長く活動出来る。卒業しても会社に利益をもたらす人材。オタ仕事で終わる子と違う。



なんか有料分析だと小田ソロ動画視聴者の4割近くが非ハロオタの可能性大らしいね。年齢や性別の構成も他メンや箱本体と大きく違うらしい。



>>432
初夏にアルバムリリースと明言してます

>>431
PINK CRES.はフルアルバム1枚出した後に、半年も空けずに配信限定シングル出させてもらってますし、来週の単独ライヴを前にレコーディングもしてたみたいです
その単独ライヴは渋谷O-EASTなんですが、たぶんチケ売れてなくて、そのため、年が明けてから急遽ハロコン会場内で手売りしたり、立て続けにネットラジオやAMラジオや乃木坂のニコ生番組に出たり、ニコ生で自分達の特番組んだり、前からやってたInstagramやTwitterをさらにアカウントを細分化したり、と、宣伝のためになりふり構わぬ行動に出てます
ライヴのチケがそうなのだから、アルバムや配信も売れていたとは到底思えないのですが、それでもレコーディングは継続的にやらせてもらえてるわけです
しかも、>>431さんがいうように夏焼雅さん本人の志向性を大いに尊重しているっぽい楽曲テイストで

ここにヒントがあるような気がします
つまり、アップフロントは功労者には異常に手厚い風土だということ
小田ちゃんの先々の歌手人生を考えるなら、娘。に10年以上在籍したほうが損して得とることになるかもしれませんよ



meninaweide

夏焼さんの場合は単純に事務所の上の人の覚えがめでたいんじゃないかと自分は思います。実際娘。OGは在籍期間が何年だろうと事務所に対する功績は夏焼さんとは桁違いに大きいでしょう。



小田さくらさんを応援している者です。
彼女には是非とも芸能界で成功して欲しいと願っています。と同時に、昨今の音楽CDの売れなさに危機感を抱いてもおります。
一口に「ソロ活動」と申しますが、売れなければ肝心の「活動」すらさせてもらえない可能性の方が大きく、前述の通り音楽業界の不況や、またアップフロントのプロモーションの下手くそさもあいまって、彼女の「ソロ活動」にとても楽観的になれません。
特にアップフロントは、新規獲得よりも身内商売を優先させる傾向が強く、過去にこれでさんざん失敗しているという嫌な実績まであります。



ソロアイドルって分野そのものが消滅して、ルックス年齢の如何にかかわらずソロアーティスト括りになってしまったから、必然的に本人に制作能力を求められるようになってきている。
ソロよりもELTやいきものがかりみたいな男性制作陣+女性ボーカルの方が良いかも。



いきものがかりの水野さんは今空いてるだろうから曲を書いて貰えたらいいですね。
小田ちゃん本人はかなり分析能力が高いので、西野カナさんのように市場マーケティングによる作詞が出来る気がします、一方で商業主義に走って本人の気持ちと関係ない様な歌を歌って欲しくないなとも思います。



BSでは結構歌番組が多いんですよね。懐メロ、演歌が主なんだけども、じっくり歌を聴きたい人もまだ居るっていうことでしょう。カラオケで100点取るディーバ系の人達とは違う、歌手の個性を感じさせる歌い手は演歌系以外では少ないので、その辺の需要を小田ちゃんが取り込めたら良いんだけど。



ソニー系列はマーケティング史上主義みたいなところあるから、コンスタントに女性ソロアーティストを成功させてるけど、一方でよくアーティスト本人と衝突するんだよね。



事務所が功労者に温情があるというのは同意するが
その分儲け出さないとぼろくそだという印象はあります。
現に花畑にお金を出してもらった田中氏は赤字出した時に
「詐欺師」呼ばわりされた(儲けを出したら手放しで褒めた)と言ってたし
つんくがpを外されたのは表向きは病気という話になってるが、長年外仕事の赤字(芸能ではなく商売での)を垂れ流したからだと言われてます。
高橋が現役時代にもツアーの入りが悪いと
高橋が怒られたっていう話もあるくらいですから
要は事務所的には
売れないのは(儲けがでないのは)事務所のせいじゃない
お前らが悪い?って事なんでしょう
そういう事務所で
ソロデビューできても果たしてどうなんでしょうね?
って疑問は残ります。



別に売れなくても仕方ないのよ
ほとんどの人は鳴かず飛ばずで終わるんだから
それよりきっちりマーケティングしてしっかり準備して勝負して欲しいのよ
エイベやソニーとかと比べたらとにかく適当でチープなのよね・・・何もかも



meninaweide

ハロー!プロジェクトの大看板であり大黒柱である結成20年を迎えたグループより、スキャンダルやら何やらで解散するしかなくなったグループのために膨大なリソースを注いでしまう事務所ですから。



ソニーもavexも得意な音楽ジャンル以外は大ヒットしてないですし、売る気もないんじゃないかな。ソニーはjpop/rockに強くて、avexは松浦/小室さんの趣味のユーロビートやシンセ中心のダンスチューン。その範囲外だとそこまで良いとは?
アップフロントは元々はアリスや海援隊が居た所で、フォークソングや歌謡曲であればそんなにわるい事務所ではないと思います。
同じ事務所の松原健之さんなんて、若年層の知名度は皆無ですが、そこそこTVにも出ますし、年配の方への知名度はあるようです。
ただ、現在の製作陣はワーナーからの移籍組が主なようですので、歌謡曲なんかのノウハウがどこまで引き継がれているのかは分かりませんが。



結局、放送局や大手レコード会社、あとは総務省やら文科省やらの天下りを沢山受け入れたところが運命共同体になるから、応援団も有力で引きが強くて露出も多くて売れやすいってこと。でもメジャーを狙えば狙うほど流入人材によって創業者が追い出されてしまう可能性も大きくなるわけで、それがいやでハロマゲドンをやったし上場もしなかったわけだから、いまさらメジャーなんて狙ってないでしょUFは・・・


30件のtopicsを表示しています(全15ページ)
« (最初のページ) 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ (最後のページ) »
このトピックに書き込む
名前:さくらさく名無しさん
内容:

*2015/01/21からの変更点

Follow me